番外編!電話占い師になるには


電話占い師になるにはどうすればいいのでしょうか。
インターネット上で募集などをみてみると、占い師の経験がないと採用してくれないところが多いようです。

どこかに採用してもらうのでなく、自分で開業するという方法もあります。
今現在既にプロの占い師として活躍している方なら、どちらの方法でも問題ないかもしれませんが、反対にプロでない場合には難しいですね。
占いは既に出来る様になっているならあとは経験を積んで、ゆくゆくはどこかに所属するという方法もあります。
まだまだ占いについてもこれから勉強をする、という場合には時間がかかるかもしれません。

ご存知の通り、特に資格があるわけではないのでどうやって占い師と名乗ればいいのか分からないですよね。
電話占い師養成講座、というのもあるようで、養成講座を卒業すると開業するのをサポートしてくれるという仕組みのようです。
自分で開業するとどこにも縛られる事無く仕事出来ますが、お客さんが付くまでは大変かも知れません。

占い師を育成する専門学校がある!?

占い師になろうと思ったら、どういう方法があると思いますか。
専門書を購入するなどして独学で勉強される方もいますし、有名な先生や好きな先生の元へ弟子入りという選択肢もあります。

また最近は通信講座などでも占いについて勉強出来るようですが、占い師になる為の専門学校があるとご存知でしたか。
専門学校へ入学すると徹底的に占いについての知識を学び、その後は実際に誰かを占ってみるという実践形式の授業もあるようです。
占い、といってもいろいろな種類があり、そのどれもが一つ一つ奥深いものです。
タロットカードや西洋占星術、四柱推命など聞いた事のある占術だと思いますが、1日2日勉強して習得出来るようなものではありません。
経験によって得られるものも大きいですが、まずは基本的な知識がなければ占い師としてやっていけません。

また、独学と違い先生たちの実際のお話を聞ける事も大きいですね。
10代から60代まで幅広い年齢の方が通っているそうですよ。

電話占い師にはカウンセリング力が重要

電話占い師にはカウンセリング力が重要です。
カウンセリングというと心理学などでよく使われる言葉ですが、相談者の悩みや問題を解決に向けてサポートするという事です。
そういう意味では占いも同じですね。

心理カウンセラーは占い師のように解決方法を直に言う事はありませんが、カウンセリングをする事で相談者が主体的に悩みや問題を解決していけるように導きます。
占い師もカウンセラーもそれぞれ違うやり方で問題解決へと導き、相談者にハッピーになってもらいたいのです。
どうして電話占い師にカウンセリング力が必要なのかというと、相手の顔が見えない分、表情が見えない分、相手の話をよく聞く必要があるからです。
相手の話も聞かないでアレコレいってもあまり説得力がありませんよね。

占い師もカウンセラーのように相手の話をよく聞いて、相手の本音を引き出さなければいけません。
占いの技術だけではなく、カウンセリング力も身につける必要があるのですね。

カテゴリー: 電話占い師 パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります